かわどてい

川音亭

柴田郡川崎町
★★★★★  4.32 (31人が採点)  そばの太さ :  中太麺
そば 4.42 | つゆ 4.32 |サービス 4.29 | 雰囲気 4.29 | 周辺 4.26

蔵王の天然水で作る、絶品十割蕎麦

川音亭の蕎麦

本格手打ち蕎麦と創作フレンチ

仙台から青根温泉に向かう457号線を進むと、深緑の中にひと際目立つ柑子色の建物が見える。川音亭は道路沿いに面した場所に位置し、この蕎麦のために遙々遠方から訪れる客もいるそうだ。

川音亭という名称は、近隣を流れる「川音川(かわおとがわ)」に由来する。この川は、地元では”かわどがわ”と呼ばれ親しまれており、その呼び名を大事にしたいというご主人の思いから「かわどてい」と名づけられたそうだ。

広く明るい店内は地元の方々の集いの場所でもある
広く明るい店内は地元の方々の集いの場所でもある
▲広く明るい店内は地元の方々の集いの場所でもある
蔵王の雄大な景色は四季折々でいろんな表情を見せる
▲蔵王の雄大な景色は四季折々でいろんな表情を見せる

フレンチ料理人と蕎麦の出会い

5千坪という大きな敷地に店を構え、6年になる。
「美味しい蕎麦を作るには美味しい水が大事」と語るご主人。 蕎麦の決め手となる水は、主人自ら重機を使い掘り当てたそうだ。

川音亭自慢の天然水を使用した蕎麦は、蕎麦本来の香りがそのまま引き出され、ツユを付けずに頂いても十分に美味しい。 ツユは若干辛めになっており、蕎麦の甘みをより一層引き立てる。

蕎麦の香りが口いっぱいに広がる
▲蕎麦の香りが口いっぱいに広がる
初夏には珍しい天然のなめこ
旬の野菜を盛り込んだ天ぷら
▲初夏には珍しい天然のなめこと旬の野菜を盛り込んだ天ぷら
川音亭のメニュー
雄大な蔵王山麓を望むロケーションに建つ
▲ 雄大な蔵王山麓を望むロケーションに建つ
緑の大きな看板が目印
近隣には川音川が流れる
▲緑の大きな看板が目印。近隣には川音川が流れる

蕎麦と季節のコース料理に舌鼓

家族で切盛りするとてもアットホームな店舗である。おかみさんが気さくに声をかけてくれ、心を和ませてくれる。

店内にはテーブル席が3つと座席3つが用意されており、大きな窓からは雄大な景色が一望できる。四季折々の風景を愉しみながら味わう蕎麦は、また格別である。

下足天ざるそば1,000円
▲ 下足天ざるそば1,000円

手間と愛情をかけ、守り続けるこだわり

川音亭は通常の十割そばの他に寒ざらし蕎麦を1年中楽しめる貴重な店である。
当初、期間限定であったがお客さまの要望に応え通年楽しめるようにしたという。

蕎麦は十割の手打ちにこだわり、午前と午後に丹精こめて打つ。 宮城では珍しい「たたきのし方式」で蕎麦を打つそうだ。出来上がった蕎麦は、コシが強く噛みごたえがあるが十割特有のゴツゴツした感じではなくツルっとした喉ごしで絶品の蕎麦である。

サクっと揚がった天ぷらは、地場の素材にこだわり自家栽培された野菜や、季節によっては山菜やきのこも楽しめる。

水回し
たたきのし。麺棒で生地を叩きながら伸ばす
▲(左)水回し (右)たたきのし。麺棒で生地を叩きながら伸ばす
丁寧に伸ばされた生地
夫婦共同で蕎麦を打つ
▲(左)丁寧に伸ばされた生地 (右)夫婦共同で蕎麦を打つ
 
蕎花・店主のメッセージ
山奥ですが、一生懸命やっていますので応援お願いします。
窓からの眺めが四季折々変化します。大自然の中、恵まれた環境でやらせていただいています。
寒ざらしそばは通常は春限定ですが、そばの実の保管に気を使い一年中美味しく味わえるよう努めています。
是非ご賞味ください。
川音亭主人
 
店名
川音亭
電話
0224-87-2903
住所
宮城県柴田郡川崎町大字前川字六方山29-1
営業時間
11:00〜16:00
定休日
不定休
席数
約30席
喫煙
駐車場
24台
 
 
手打ちそば処 小原なごみ茶屋
白石市小原
手打ちそば処 小原なごみ茶屋
そば処 翠嶺亭
蔵王町遠刈田温泉
そば処 翠嶺亭
舌つづみ
柴田郡川崎町
舌つづみ
 
 

ピックアップ

手打ちそば・もみじ野

深い山の大人の隠れ家、山のごちそう

店舗写真
[2008/10/14 更新]
 

宮城の風景へのリンク

宮城蕎麦処MAP

掲載店舗イベント情報
粋蕎麦みやぎTwitter
募集

携帯サイト

粋そば宮城携帯サイト用QRコード
「粋蕎麦みやぎ」の掲載店情報が携帯電話でもご覧頂けます!
http://www.iki-miyagi.jp
アドレスを携帯へ送信